生コラーゲン美容液は保管の仕方に注意!冷蔵庫が基本です

ラメラエッセンスC

 

 

生コラーゲン美容液は保管の仕方に注意しないといけません。
私が使った生コラーゲン美容液も、冷蔵庫で保管が必要なものがありましたね。

 

ラメラエッセンスC、ニッピコラーゲンのスキンケアクリーム ナノアルファなどは、冷蔵庫で保管してください、とのことでした。

 

 

やはり、生のものなので冷蔵庫に入れておく必要があるんですね。
そして、1か月以内に使い切ることも大事なポイント!

 

だいたい1瓶で1ヵ月分かそれ以下なので、余る心配はないと思います♪

 

考えてみると、何年も持つ化粧品ってちょっとコワいですよね。
防腐剤がバリバリに入っていることが多いと思います。

 

一方、無添加で防腐剤不使用というのは、冷蔵保管の必要があったり消費期限があります。
が、肌のためを考えるとその方がいいかな、と私は思います。

 

 

冷蔵庫に入れておいた他の匂いが移らないか最初は気になりましたが、全然大丈夫!
しっかりふたを閉めて保管すれば匂いは移りませんね。

 

あと、冷蔵保管というのは使う時にひんやりしていて気持ちがいいですよ。
夏場などは特にひんやりした感触で、肌にしみ込んでいく感じがいいです。
また、お風呂上りなども火照った肌を鎮めてくれる感じがしますね。

 

 

ラメラエッセンスCは防腐剤不使用

生コラーゲン美容液、ラメラエッセンスCは防腐剤を使っていません。
だから、冷蔵庫に保管ガ必要になっています。

 

化粧品は3年は常温で品質が変化しないように薬事法で決められています。
もしその間に変質するようであれば、消費期限を明示する必要があるんですね。

 

3年って、長いですね〜。
そんなに長いこと、品質が変わらないって・・・食品ではありえないですよね。
(中には腐らないハンバーガーなどもありますが)

 

防腐剤を使用しないとせいぜいが1ヵ月、この差は大きいと思います。
手間は少しかかるけど、肌に刺激を与えない化粧品を使う事を敏感肌の方は考えた方がいいかもしれません。

 

肌が弱くなくてもこれからずっと化粧品を使い続けることを考えると、やはり添加物は減らしたいですね。

 

 

化粧品に使われる一般的防腐剤

 

・パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)
・安息香酸
・安息香酸ナトリウム
・デヒドロ酢酸ナトリウム
・ヒノキチオール
・フェノキシエタノール

 

よく見る名前ですね〜。これ、皆防腐剤です。
特に、パラベンは化粧品に多く使われています。

 

パラベンで肌にトラブルを起こすのは1000人に2人と言われています。
肌の弱い方は特に気を付けたいですね。

 

 

ちなみに、1ヵ月しかもたず、要冷蔵の生コラーゲン美容液の全成分は・・・

 

【ラメラエッセンスC】
リン酸Na、マンニトール、水溶性コラーゲン、ラフィノース、リン酸K、ヒアルロン酸Na、トレハロース、
グリセリン、BG、水添レシチン、加水分解エラスチン、フィトステロールズ、カルボキシメチルデキストランNa

 

【ニッピコラーゲン スキンケアクリームナノアルファ】
水、グリセリン、水溶性コラ−ゲン、加水分解コラ−ゲン、塩化Na

 

【バランローズ】
水、グリセリン、ローズ水、DPG、ベタイン、エタノール、BG、
ローヤルゼリーエキス、プラセンタエキス、ダイズステロール、
キサンタンガム、ホホバ油、ローズヒップ油、ローズ油、ローズマリー油、
グルコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、
水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン、シロキクラゲ多糖体、
アルギン酸Na、ポリソルベート80、メチルパラベン、フェノキシエタノール
水添レシチン、セラミド3、パルミチン酸アスコルピルリン酸3Na、

 

以上のようになっています。

 

バランローズは若干旧表示指定成分が入っているので敏感肌の方は注意が必要かも。
(バランローズは要冷蔵ではありません)